瓊玉膏

瓊玉膏

瓊玉膏のお話(その7)

今まで瓊玉膏の地黄と人参の働きをお話してきましたが、今回は枸杞子(クコシ)について...。枸杞子は薬膳などでよく使われる食材ですが、漢方では肝を潤す働きがあります。漢方における肝という臓器は自律神経の調節や筋肉などをしなやかにする働きがあり...
瓊玉膏

瓊玉膏のお話(その6)

人参が脾に働くことを前回お話しましたが、この脾という臓器は漢方では「肌肉を主る」といわれ、肌(皮膚)やその下の組織に栄養を供給する働きがあります。皮膚に栄養が行き渡れば、当然皮膚に張りが出て健康的な状態を保つことが出来ます。つまり内(胃腸)...
瓊玉膏

瓊玉膏のお話(その5)

前回までは地黄という生薬についてお話してきましたが、今回からは瓊玉膏の構成生薬の中でも重要な役割をする人参(ニンジン)に焦点をあてたいと思います。この生薬はとても有名なお薬で一般に「朝鮮人参」として広く知られています。人参は漢方でいう五臓(...
瓊玉膏

瓊玉膏のお話(その4)

これまで地黄が漢方に腎に働くことをお話しましたが、この地黄-実は肺にも働くのです。ここでも漢方と西洋医学の違いがあり、西洋医学の肺は専ら呼吸のみに関係していますが、漢方ではそれ以外に肺と皮膚の関係を重視しています。つまり肺が元気で潤いがある...
瓊玉膏

瓊玉膏のお話(その3)

前回、地黄が腎の働きを良くするお話でしたが、腎の働きの1つとして髪に働きかけます。漢方では腎と髪の毛は密接な関係を持ていまして、腎が元気であると髪の毛も艶やかで張りがあり白髪になりにくくなります。この働きにより瓊玉膏がアンチエイジングに働き...
瓊玉膏

瓊玉膏のお話(その2)

瓊玉膏に含まれる地黄ですが、身体を潤す以外に漢方医学でいう腎を補う働きもあります。この腎という臓器、西洋医学では血液をろ過して尿の生成をコントロールしていますが、漢方医学では生命力を支配している臓器であり、この臓器は年を取るにつれて衰えその...
瓊玉膏

瓊玉膏のお話(その1)

みなさん瓊玉膏(ケイギョクコウ)というお薬はご存知ですか?このお薬は中国の宋の時代に誕生したお薬で、時の皇帝がお抱えの医者たちに命じて子孫の繁栄を目的として作らせた高貴薬(値段が高く貴重なお薬)なのです。このお薬に含まれる地黄(ジオウ)は貴...
瓊玉膏

免疫力を上げるためには

緊急事態宣言が相次いで発令されております。寒い気温が続いておりますが、このような状況の中では、おちおち普通の風邪も引くことも出来ません。風邪・インフルエンザなどの予防としては、勿論、マスク・手洗い・消毒の徹底は必要ですが、それに加えて免疫力...
ご相談予約はこちらから